アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
7.8×10の人たち
ブログ紹介
zoom RSS

ナメシロさん

2010/07/22 23:44
名前:舐白(ナメシロ) (偽名/本名不明)
性別:男
年齢:不詳
種類:ラッドラック
職業:駐在さん

【中身】
よく口元が真一文字になっているので不機嫌なのかはたまた表情がないのかと思いきや
単にしょっちゅう豆腐飴(自作)を舐めてるってだけの変なやつ
飴をなめていなければにっこり朗らか
気のいい男で子供と老人が大好き フレンドリーで軽口が多い
お茶目さんで本気とも取れるようなジョーク(ブラックジョークもしばしば)をよく口にする
(「おや、かわいらしいお嬢さんだ。その白い手を味見しても?…冗談ですよ?」)
(「黙らせるにはキスが一番。ふさがれたいですか?口。…ああ、男色趣味はありません」)
そこからわかるとおり、冗談好き
飴をなめているときには口が笑ってないので本気に思われがち
胃が弱く、リヴリーの肉を好まない
豆腐が大好き
そのためリヴリーを食べずとも生きていける(「大豆は畑の肉ですからねー」)
モンスターに攻撃しないリヴリーには害はないが、
攻撃されれば駐在風情とは言え職務を全うして、叩き潰すと宣言している
好戦的ではないしむしろ平和主義だが職務には忠実、ということ
やるときはやるがやらないときはトコトンやらない
どちらかというと傍観主義で傍からのんびり見てるのが好き
実は精神を病んでおり、白いものしか食べられない
潔癖症が重度化した結果の精神病で、白いもの以外は汚いものに思えてしまい
素手で触ることすらできず、もちろん食べることなどできようもない
そのため手袋をして白いものだけ食べて生きている
「汚いもの」に素手で触りすぎると変なこと言い出す重度っぷり
たまに「朝起きると胃もたれがする」時がある
(夜中に夢遊病で起き上って、白いリヴリーをたべているみたい)
それにうすうす感づいていて、それが嫌でしょうがないので不眠症になっている

【見た目】
真っ白な腰までの長い髪を後ろで一つ結び
黄色の目は三白眼で悪そうに見えるので本人は気にしている
目の下には常にくまがある
口元は飴をなめているときは真一文字 飴をなめていないときには大抵にっこり
真っ白な肌、体つきはよくも悪くもなく見えるが服を脱いでみると適度に筋肉質
左腕がない
顔つきは中性的
身長187cm
警察の、というか駐在さんの制服を着ている

【お喋り】
冗談多めで敬語ながらもフレンドリーな調子であまり壁を感じさせない
お喋りさんで話題も豊富なので知的な印象を与える
一人称/わたし
二人称/あなた、きみ、お嬢さん、お坊ちゃん、〜さん、〜くん、呼び捨て
三人称/あの方、あの子、彼、彼女、〜さん、〜くん、呼び捨て

「おや、ご機嫌いかがですか?これから午後の牛乳タイムです。あなたには紅茶を淹れましょう」
「音楽はお好きですか?わたしはクラシックが好きなんです。CDですが、イチオシの名演奏、お聞きになりますか?」
「やれやれ。所詮は相容れない存在、その悲劇の恋っぷりたるや、ロミオとジュリエットですねえ…」
「片腕でもなんとかなるものですよ。あなたの頭に一発ぶち込んで涼しくしてあげたり、ね」

【戦い方】
左腕が使えないため、シンプルに遠距離から銃で撃つことが多い
やむを得ず近距離戦となった場合には足技で対処
パワーもスピードもあるバランスタイプだが、それだけにどちらも極めた相手には劣ることが多い
(昔はパワーなら負けなかったようだけれど、腕が足りないみたい)
足はパワーが十分あり強いキックも放てるけれど、左腕の不在で五体満足の頃よりバランスを崩しやすくなっている

【いろいろ】
凶悪なハンターリヴリーからモンスターを守るべく活動するモンスター警察の警察官
元はエリート刑事だったらしい
が、戦闘中に部下を庇って受けた敵リヴリーの攻撃で右腕が凍傷になり切断手術を施した
(腕は出そうと思えば8本になるような形 ただし右腕は全部やられたので左側の4本しか残っていない)
その事件を期に、本人の意思で田舎の駐在に

モンスター警察では、「駐在さん」になると
それまでの名前を使うことで無駄なトラブルが起きるのを防ぐために
名前を変える習わしがあるとか、ないとか
本名の頭文字は「P」だとか、そんなうわさがちらほら
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

7.8×10の人たち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる